• ぴおねろの森

プログラミングで遊ぼう!(8/24~)「CoderDojo道場」をぴおねろの森で

最終更新: 8月2日


「CoderDojo印西」ぴおねろの森開催

日時:毎週月曜日 16時~17時

対象年齢:7歳~17歳

利用料金:無料

持ち物:PC・タブレットがあれば(*5台完備)


*ここで学べる内容:「Scratch」「RaspberryPi,Minecraft」

*オンラインで参加も可能!

(16:00~40分間)

 申し込みサイトの要望欄に「ZOOM希望」とお書きください。

*祝祭日、長期休みは「ぴおねろの森」はお休みのため、オンラインで開催!

*住所は「ぴおねろの森」にお問合せ下さい。


申し込みは「CoderDojo印西」https://inzai.coderdojo.chiba.jp/



新着情報!!!

「Minecraftカップ2020全国大会」https://minecraftcup.com/

エントリー募集中!


エントリー期間:

2020年7月22~11月23日まで


教育版マインクラフトで創るワールドの作品コンテストです。テーマに沿った作品を作ってご応募下さい!


「CoderDojo道場」https://coderdojo.jp/とはプログラミングクラブの自由な世界規模のネットワーク、無償であり非営利のコミュニティ。7~17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場で、2011年にアイルランドで始まり、世界では110ヵ国・2000の道場、日本には216以上の道場があります。なぜ「CoderDojo道場」が教室ではなくクラブと謳っているのか?それはある指導者が教え込むのではなく、主体的に学ぶ姿勢を大事にしているから、学び合い、教え合うことを大切にするという理念があるからでしょう。またオープンソース文化に根付いた非営利のコミュニティで、その特徴として「誰もが自由に、無料に、ソースコードを利用したり、複製したり、改良したり、再配布が可能…」という考え方…とても素敵ですね。 子ども達は誰かが作ったゲームで遊んでいるうちに、中のプログラムがどうなっているのか気になってくる→プログラムの設定をいじり、どう変化するのかがわかってくる→徐々に自分のものを作りたくなる…。このように子ども達が探求していく様子をみていると、遊んでいるのか学んでいるのか…よくわからなくなる。でもきっと子ども達はこんな私を見て「そんなことはどっちでもいいから一緒にワクワクしようよ!」と、私の手を引っ張ってくれている…そんな気がしてならない。





最新記事

すべて表示

千葉県FS等ネットワーク×県議×県教交流会(9/8)

大きなテーマ ①どこに相談すればいいのか問題の前進(大分県リストの提案) ②内申点について ③FS認定制度 ④経済支援…他 ①相談先について どこに相談すればいいのか問題…千葉県も下記のようなものを作ったらどうか。 大分県教育委員会の「不登校児童生徒支援先プラン(令和2年3月改定版)」https://www.pref.oita.jp/site/gakkokyoiku/futoukou.html F

 

pioneronomori@gmail.com

090-4133-8002

千葉県印西市牧の原(印西牧の原駅徒歩10分)

©2020 by ぴおねろの森